子どもの目の健康マニュアル

「子どもの目の健康マニュアル」は、子どもの弱視に対する疑問を解消し、治療・訓練への不安を軽減します。

Learn more

「子どもの目の健康マニュアル」はPC用の弱視発見・訓練ソフトです。

全国の500以上の眼科病院、40以上の盲学校・弱視学級でも活用されています。

商品案内

東京都の三歳児視力検診導入に関わり、弱視の本も出版された眼科医・矢沢興司先生の監修のもとに、順天堂大学医学部眼科学教室の協力を得て制作しております。

弱視とは

視力未発達による弱視は、視力の発達期に発見し訓練すれば治ります。そのためには、周囲の大人が子どもの弱視に対する知識を深め、注意深く見守る必要があります。

登録医療機関

「子どもの目の健康マニュアル」を導入している医療機関をご紹介いたします。(公開希望の医療機関のみ)

数々の賞を受賞しました。

デジタルコンテンツグランプリ2001

福祉産業賞受賞

エデュテイメントフォーラム2001京都

優秀賞受賞

SOHO CITY みたか
ビジネスプランコンテスト2001

特別賞受賞

「日本の眼科」2001年8月号に掲載されました。

田淵昭雄 (元川崎医科大学眼科教授)

矢沢興司博士(矢沢眼科医院長、順大眼科講師)が監修されたCD-ROM:視力異常早期発見・訓練ソフト「子どもの目の健康マニュアル」は、小児眼科を専門にしている私にとってまさに「こういうものを作る必要があった」と思うほど素晴らしいものである。 若いお母さん達は、子どもの目が悪いことに気付いたり、診断されたりすると、家庭医学書を読んだり、パソコンでホームページを開いて勉強していることが多い。特に「視力」への関心は極めて高いため、「視力障害」の原因、治療法や予後の説明は一筋縄ではいかない。その上、かなり慎重かつ時間をかけて理解してもらったと思っても、「眼鏡」の話が出た途端に強い拒絶反応を示したり、別の診察時に「今日は、お父さんも一緒に来たので、もう一度説明して下さい」という時はうんざりする。このような時は、常々、今回のようなCD-ROMがあれば、診察医は何回も説明をしなくても済むし、忙しいお父さんも夜中など自由な時間にゆっくりと病気のことを気の済むまで解説を見聞き出来ると考えていたものである。IT革命政策の一環として、パソコン講習が各地で行われるようになってきているこの時期に、今回のCD-ROMの発売は本当にタイミングもよく、広く利用される可能性はある。 さて、内容は「ものを見るしくみ」、「子どもの目の病気」、「弱視ってなあに?」、「弱視はなおる!」など病気の概念から治療について解説したDISC1と、「ぐーきょろとあそぼう」という蛙(ぐーきょろ)のキャラクターと一緒にゲーム感覚で愉しみながら、塗り絵、隠し絵探し、迷路など、これまで退屈なものであった弱視訓練を多くのゲームを通して行える、DISC2からなっている。 まず、DISC1を開くとやさしい女性の声で説明がある。そして、知りたい項目をクリックすると、即座に分かりやすい目の構造とか、見える仕組みや病気の種類などが画面に示され、解説されて行く。分かりにくい医学用語があれば、その語句をクリックすると詳しい解説が表示される。これは「いい」と思ったが、ここでは声の解説がなく、読まないといけないのは、ちょっと片手落ちと感じた次第である。しかし、何と言っても説得力があるのは、矢沢先生ご自身の姿をビデオで写し出して、「弱視治療」の必要性を自信を持って説得されていることである。医師の説明が「治療に参加してもらうために」どれだけ重要かを意識されたもので、この項目があるからこそ、このCD-ROMが生きたものとなっている。 DISC2のゲーム編は、弱視治療を行う医師やORTなら、誰もが「なるほど、これはいい」と思うだろう。たとえば、検眼遮閉して患眼動作する訓練を、楽しみながら、しかも母親も参加して行えるソフトはマウスに違和感のない世代にはもってこいである。紙も要らない、色鉛筆も要らないのは時代に合っている。今後、高年齢層用の色んなバージョンも出ればもっと好いだろう。また、ゲームでうまく行けば、「あたり!」とか、間違えると「ざんねん!」など、その他、もう少し声による導入が欲しい、と思う箇所が幾つかあった。若い先生も一度ご覧になって、どうのようにinformed consentをとったら良いか、どのような弱視訓練があるかを勉強して欲しいと思う次第である。 ソフト購入時にはテレビ画面上で視力を測定する透明シートとメジャーおよび使用法ビデオが添付され、価格は30,000円だ。もっと高くてもよいと思うが、若い両親にはこれ以上は無理であろうし、診療所や医師が買って利用してもらう方法もある。

「子どもの目の相談室・掲示板」の過去の記事

弱視に対する不安の軽減や弱視訓練の不安解消などにご活用下さい。

内容についての合法性や道徳性、著作権の承諾、正確性などについては責任を負いかねます。また、無断転載や複製等に類似する行為の一切を禁止致します。

目に関するよくある質問

「子どもの目の相談室・掲示板」などで何度も繰り返し質問された弱視などの目の病気に対する疑問をまとめました。

Learn more

相談室Library

2003年9月まで運営していた「子どもの目の相談室」のデータをまとめたものです。主に眼科医が弱視治療などに対する回答をしています。

Learn more

PAGE TOP