相談室Library

相談室 Libraryは2003年9月まで運用していた掲示板「子どもの目の相談室」でやりとりのあったデータを掲載しているものです。

子どもの目でお悩みの方にご活用いただければ幸いです。

内容についての合法性や道徳性、著作権の承諾、正確性などについては責任を負いかねます。また、無断転載や複製等に類似する行為の一切を禁止致します。

質問内容

7歳では治療するには遅い?

小二の娘が眼科検診の用紙をもらって、今日、眼科へ行き診察して頂いた結果、弱視との事。いろいろ調べましたが、7歳では治療するには遅いのでしょうか?
あと、今から治療しても治らない場合もあるのでしようか?
目が見えなくなってしまうんじゃないかと不安です。
弱視から、見えなくなってしまう事はありますか?
金曜日に、精密検査をします。

質問への返信

普通の弱視では今以上見えなくなることはない

質問をされる前に、表題の下にある‘目に関するよくある質問’を読んでください。
7才からでも大丈夫です。あきらめずに、治療してください。
普通の弱視(屈折性弱視や不同視性弱視)では今以上見えなくなることはありません。検査の結果を主治医から良く説明してもらってください。そして、その指示に従ってください。

「子どもの目の相談室・掲示板」の過去の記事

弱視に対する不安の軽減や弱視訓練の不安解消などにご活用下さい。

内容についての合法性や道徳性、著作権の承諾、正確性などについては責任を負いかねます。また、無断転載や複製等に類似する行為の一切を禁止致します。

目に関するよくある質問

「子どもの目の相談室・掲示板」などで何度も繰り返し質問された弱視などの目の病気に対する疑問をまとめました。

Learn more

相談室Library

2003年9月まで運営していた「子どもの目の相談室」のデータをまとめたものです。主に眼科医が弱視治療などに対する回答をしています。

Learn more

カワモト アイパッチ A-2 ホワイト HP-30 幼児用(3才以上)

通気性にすぐれ、刺激の少ないアクリル系粘着剤を使用した眼帯です。斜視や弱視の予防と訓練のためにお使いください。

カワモト アイパッチ A-1 ホワイト HP-36 乳児用(1、2才)

「カワモト アイパッチ A-1 ホワイト HP-36 乳児用(1、2才)」は、小児の斜視・弱視の治療のひとつとして、健康な目を遮蔽し弱視眼(周辺視も含む)を強制的に使わせて視力の発達を促す訓練用の眼帯です。

PAGE TOP